単身パック 荷物

単身パックと荷物の量はとても重要な関係

単身パックはひとり暮らしで荷物の少ない人向けのサービスで、
とても安く引越しができると評判ですが、ポイントとなるのは荷物の量です。

 

 

1つの専用BOXに荷物が入り切らないと、専用BOXがもう1つ必要になり、
引越し料金が2倍になってしまうからです。

 

 

なので、単身パックを利用する場合は、荷物の量がとても重要なのです。

 

最近、専用BOXを2種類用意している会社もあるので、
荷物の量によって、利用する専用BOXを考えるといいです。
もちろん、小さい専用BOXの方が料金が安くなります。

 

 

各社の専用BOXの大きさと入る荷物の目安を参考にしてください。

 

クロネコヤマト引越センター

 

専用BOXがフルサイズとminiサイズと2種類あります。

 

フルサイズ
内寸:横1.04m×奥行1.04m×高さ1.70m

 

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール10箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ
・スーツケース1個

 

 

miniサイズ
内寸:横1.04m×奥行1.04m×高さ1.30m

 

・ダンボール15箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ

 

 

 

日通

 

Sサイズ
内寸:横108cm×奥行74cm×高さ154cm

 

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・姿見
・布団
・ダンボール4箱(517mm×343mm×343mm)

 

 

Lサイズ

 

内寸:横104cm×奥行104cm×高さ174cm

 

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・洗濯機(4kg)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
・姿見
・布団
・ダンボール5箱(517mm×343mm×343mm)

 

 

 

佐川引越センター(SGムービング)

 

 

内寸:幅100cm×奥行75cm×高さ145cm

 

・テレビ
・ミニコンポ
・掃除機
・パソコン
・カラーボックス
・座卓
・ダンボール5個程度

 

 

ハトのマークの引越センター

 

内寸:幅1.1m×奥行0.8m×高さ1.7m

 

 

・冷蔵庫(2ドア・120リットル):1台
・テレビ(小):1台
・ビデオデッキ:1台
・ミニコンポ:1台
・衣装ケース(小):1台

 

 

福山通運(ハトマークの引越センターから依頼)

 

 

内寸:奥行1.05m×幅1.05m×高さ1.8m

 

・冷蔵庫(2ドア・109リットル)
・洗濯機(4キログラム)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
・姿見
・布団
・ダンボールMサイズ

 

 

西濃運輸

 

1.1m3タイプ
内寸:幅103cm×奥行74cm×高さ144cm

 

 

2.5m3タイプ
内寸:幅115cm×奥行128cm×高さ170cm

 

 

おそらく、一人暮らしをしている人の場合は、そんなに沢山の荷物があるという事は少なく、
大抵は一つのBOXで荷物が入ってしまうと思います。

 

 

万が一どうしても一つのパックに荷物を入れる事が難しい場合には
もう一つBOXを利用することもできますが、前述した通り、料金が2倍になるので、
他の引越し業者のサービスと料金を比較した方がいいです。

 

 

また、ダンボール2〜3箱分が入らないのであれば、自分で宅配便に頼んだ方が、
専用BOXを1つ追加するよりは、安い料金で荷物を運ぶことができます。

 

 

その他にも、引越し業者では、大きな荷物を単品で運んでくれるサービスもあるので、
そちらと併用してもいいかもしれません。

 

いろいろ組み合わせがあるので、どれが一番、引越し料金が安くなるか検討して決めるのがいいでしょう

関連ページ

単身パックとは
単身パックとは、どんな引越しサービスなのでしょうか
単身パック料金のしくみ
単身引越しを安くできると評判の単身パックですが、その料金のしくみはどうなっているのでしょうか?
単身パックは訪問見積もりがいらいない
単身パックの魅力の1つに、面倒な訪問見積もりが必要ない事があります。