単身パック 料金

単身パックの料金で後悔しないための引越し術!

単身の引越しでも引越し料金がバカ高い事があります。
でも、諦めてはいけません。

 

引越し業者と引越しプランを間違わなければ、失敗する確率はとても低くなります。
複数業者から見積もりをもらい、比較検討することが引越しを成功させる為のポイントです。

 

複数業者から見積もりをもらうのはとても面倒なことですが、今は引越し一括見積もりサイトがあるので、とても簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

単身パックとは

 

 

巷では、単身の引越しは、単身パックを利用すると安く引越しができると言われています。
ただ、全ての引越しに当てはまることはありません。

 

単身パックを利用することで引越し費用を節約することもできれば、
逆に無駄に引越し費用が高くなってしまうこともあります。

 

 

 

まず、単身パックというサービスがどんなものか説明します。
単身パックは、専用のBOXに荷物を入れて、宅配便感覚で引越しをするサービスです。

 

 

専用BOXを利用する

 

特徴の1つは、専用BOXに荷物を入れるという事です。

 

専用BOXの大きさは、どの会社もだいたい、幅1m×奥行1m×高さ1m70cmぐらいです。
この専用BOXにどれぐらいの荷物が入るのでしょうか?以下に示します。

 

 

  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 全自動洗濯機(4kg)
  • 電子レンジ
  • 衣装ケース:3個
  • 布団袋1袋
  • スーツケース1つ
  • ダンボール10箱

 

 

1台の専用BOXで運べる荷物の量が少ないと事をおさえておきましょう

 

また、専用ボックスのサイズよりも大きなもの、例えばベッドやソファーなど大きな家具や家電は、専用BOXに入らないので運べません。
自転車も運ぶことができませんね

 

 

 

専用BOX単位で料金設定

 

2つ目の特徴として、専用BOX単位に料金が設定されています。
これは、宅配便感覚の引越しと呼ばれている所以でもありますが、
宅配便で、ダンボール1(重さなども関係しますが)と、配達地域で料金が設定されているのと同じです。

 

なので、専用BOXが2つになると料金が2倍になるという特徴を持っています。

 

 

トラックを貸し切らない

 

3つ目の特徴として、単身パックは、トラックを貸切って引越しをしません。
宅配便感覚の引越しなので、専用BOXを集配して、同じ方面の荷物をまとめてトラックで配達します。
なので、当日に荷物が届くことはなく、最短でも翌日に荷物が届きます。

 

これが単身パックの料金が格安の理由でもあります。
トラック貸切にしてしまうと、1人でトラック代や作業員の費用を負担することになるからです。
そこを回避することで、値段を安く抑えています。

 

 

単身パックで失敗しないために

 

 

単身パックで失敗しないためには、単身パックの弱点すなわちデメリットを知る必要があります。これを知ることにより、簡単には失敗しないようになるでしょう!

 

 

運べる荷物が少ない

 

 

単身パックの1つめの弱点は、1つの専用BOXで運べる荷物が少ないことです。
専用BOXを複数台利用すればいいのですが、料金が倍になってしまいます。

 

単身パックで東京から大阪までの料金目安は、30,000円ぐらいです。
普通の単身引越しだと、60,000〜100,000円ぐらいが相場のようです。

 

なので、専用BOXが2台分ぐらいの荷物であれば、もしかすると値段が同じぐらいになるかもしれません。
料金が同じであれば、単身パックよりトラックを貸切った引越しの方がいいような気がします。

 

なぜなら、単身パックは梱包資材を自分で用意する必要があり、引越し後のダンボールの回収もないからです。
ちょっとしたサービスで差が出てきます。

 

結論をいうと、荷物が少なく1台の専用BOXで引越しができる場合はいいのですが、荷物が多い引越しには単身パックは向きません。

 

 

近距離の引越し

 

2つ目の弱点は、近距離の引越しです。
移動距離の短い引越しの場合には、単身パックのメリットは消えます。

 

 

例えば、クロネコヤマト引越センターの単身パックで同一市区内に引越しをみてみると、
関東エリア:17,000円(税抜)、その他のエリア:14,000円(税抜)になります。

 

 

同一市区内の引越しで、専用BOXで運ばない、ダック引越センターのひっこし定額パックは、
火・水・木:16,200円、月・金:19,440円土・日:21,600円になります。
このパックは1.5tのトラックと2名の作業員がつきます。
※ダック引越センターのこのサービスはなくなってしまったようです。

 

その他にも近距離の単身引越しなら、地元密着型の中小引越し業者もたくさんあります。
料金的にも安く、10,000円〜20,000円で行ってくれるでしょう
たまに、10,000円以下の引越し業者もあります。

 

また、中小引越し業者だと、臨機応変に対応してくれる柔軟さがありますね

 

 

結論的には、料金的には同じぐらいなのですが、運べる荷物の量が違ってきま。
また、単身パックは、当日に引越しが終わることはなく、荷物は翌日以降に引越し先に届きます。
近場の引越しであれば、その日のうちに終わらせたいですね

 

 

 

単身パックでやってはいけない事

 

上記でも述べた通り、単身パックでやってはいけない事は、

 

  • 荷物が多い引越し
  • 近距離の引越し

 

の2点です。

 

 

 

この2点に該当しない引越しであれば、単身パックを利用することで引越し費用を節約することができます。
しかし、あきらめる事はありません。
きっちりと対策をすれば、単身パックの利用も可能かもしれません。

 

まず、荷物が多い場合ですが、単身パックだけでなく、全ての引越しにおいて、引越し料金が高くなります。

 

なぜなら、荷物の量が多ければ、トラックも大きくなり、作業員の人数も多くなるからです。
なので、引越しをする場合には、不用品を処分することが重要となります。

 

引越しの準備期間が長ければ、ヤフオクやリサイクルショップに不用品も売ることができるので、もしかすると、引越し費用の足しになるかもしれませんね
荷物が減って、単身パックを利用することができれば、費用を節約することができます。

 

荷物も減って、引越し料金が下がり、不用品を売ったお金で引越し費用の足しにする。
これが、理想的なパターンです。

 

不用品を処分する方法についてはこちらの「荷物を賢く処分する方法」を参考にどうぞ

 

 

そして、もう一方のケースが近距離の引越しです。
同一市内や区内であれば、明らかに単身パックより荷物が多く運べる普通の単身引越しプランの方がオトク感があります。
でも、どこまでの距離だったら、単身パック以外のサービスがお得で、どこからが単身パックがお得なのか?
そこの境界線は分かりません。

 

 

 

どうやって解決する

 

 

複数業者から見積もりをもらえば、単身パックが得なのか?
他のサービスが得なのかがはっきりとわかります。
そして、最安値の引越し業者も分かるし、自分の引越し料金の相場も知ることができます。

 

実際に試してみると、引越し料金というのは、あってないようなもので、業者によって全然違うことに驚くでしょう!
なので、複数業者の見積もりをもらう事が大切なのです。

 

だけど、複数業者から見積もりをもらうなんて、とても大変だと思っていませんか?

 

そらなら安心してください。
引越し一括見積もりサイトを利用すれば、一度の入力で、簡単に複数業者からの見積もりをもらうことができます。
同じ条件で複数業者から見積もりがもらえるので、料金を比較するのも容易にできます。

 

近距離の引越しであれば、中小引越し業者も見積もりをしてくれるので、
とても、条件のいい引越し業者がみつかるかもしれません。

 

 

 

 

▼一括見積もりサイトはココ▼

 

おすすめの単身パック引越し業者

専用BOXやコンテナに荷物を入れて引越しをする単身パックがある引越し業者を紹介します。

 

 

 

クロネコヤマト引越しセンター

 

 

クロネコヤマト引越しセンターは宅急便で有名ですが、引越しでも大手引越し業者の1つです。
その特徴は、何と言っても専用BOXに荷物を入れて引越しをする単身引越サービスです。

 

荷物が少なく長距離の引越しでメリットを感じることができます。
トラックをチャーターする普通の引越しよりも格安で引越しすることが可能です。

 

そして、荷物の量に合わせて2種類の専用BOXの大きさがあります。
フルサイズとminiタイプです。

 

miniタイプはフルサイズと比べて、少し専用BOXのサイズが小さいので、
その分、値段も安くなっています。

 

 

詳細は、こちらの記事「クロネコヤマトの単身パック料金」をお読みください

 

 

 

日通の引越し

 

 

日通はテレビコマーシャルも流れているのでとても有名は大手引越し業者の1つです。
日通の単身者引越しの特徴は、専用BOXや鉄道コンテナで荷物を輸送する単身パックが有名です。

 

専用BOXで荷物を運ぶのが単身パックS・Lで、鉄道コンテナで荷物を運ぶのが単身パックX
クロネコヤマトと同様に、荷物が少ない長距離の引越しだと大変オトクに引越しができます。

 

近場の引越しには、単身パック当日便という、
トラックをチャーターして引越しをするサービスもあります。

 

 

詳細はこちらの記事「日通の単身パックの料金」をお読みください。

 

 

 

SGムービング(旧:佐川引越センター)

 

 

SGムービングは、クロネコヤマトと同様に宅配便で有名な佐川急便の引越し会社です。
飛脚のマークが目印です。

 

SGムービングにも、専用BOXを利用した引越しサービスの単身カーゴプランがあります。

 

また、ジェット機用荷物コンテナで引越しをする単身AIR CARGOプランもあります。

 

詳細はこちらの記事「佐川急便の単身パックはどんなサービス」をお読みください。

 

 

 

西濃運輸の単身パック

 

西濃運輸と言えば、カンガルー便で有名です。
そんな西濃運輸の単身引越しにも専用BOXに荷物を入れて輸送するサービスがあります。
それが、カンガルー単身MAX+1というプランです。

 

専用BOXの大きさは2つあります。
また、西濃運輸の単身パックの特徴は、なんと言っても自転車を運んでくれることです。

 

詳細はこちらの記事「西濃運輸の単身パックなら自転車も運んでくれる」をお読みください。